前へ
次へ

メニュー

行政書士の独占業務について

行政書士は、行政書士法に基づく国家資格で、街の法律家と呼ばれています。官公署に提出する書類の作成とその代理、権利義務・事実証明に関する書類の作成とその代理が行政書士の独占業務です。官公署に提出する書類のほとんどが許認可に関するもので、仕事の中で大きな割合を占めています。権利義務に関する書類とは、遺言書・遺産分割協議書・交通事故の示談書などがあげられます。契約書に関しては、契約書類のほか同意書の作成も行われます。事実証明に関する書類は、測量図、建物や土地の調査、各種議事録、会計帳簿などが主なものです。店舗平面図や測量図は定期的に入ってくる仕事にあたります。行政書士仕事内容として、ほかに成年後見業務、帰化・永住許可申請、株式会社設立業務などがあります。

top用置換

top用置換2
Page Top