車検を受ける際に必要な書類

近年では最低でも1台は車を所有している家庭が増えてきております。
車を所有する方は必ず定期的に車検に出す事が法律で義務付けられており、車検に掛かる費用は馬鹿にはなりません。
では、車検切れになった自分の車を車検に出す際にはどのようなもの準備すれば良いのでしょうか。
先ず車検に必要な書類として車検証が挙げられます。
車検証には普通車専用の車検証と軽自動車専用の車検証があり、所有している乗用車によって種類が異なります。
尚、車検の際には捺印が必要になる為、印鑑を忘れずに持っていくようにしましょう。
自動車には自動車税などの税金がある為、車検の際には納税証明書も必要になります。
この納税証明書には有効期限が定められており、万が一有効期限が切れていると検査を受ける事が出来なくなります。
又、納税証明書には継続検査用と領収書が一組になっており、検査の際に領収書だけを持参しても車検を受ける事が出来ません。
その他にも、納税日などの日付が入っていないものや本来記載されている箇所が米印になっているもの、出納印が無いものは無効となっている為、車検の際には一度確かめてみる事をおすすめ致します。
上記以外にも必要な書類に関して自賠責保険証や法定費用預り金が必要になります。
法定費用預り金とは、車検を受ける際に必要になる費用で、この中には自賠責保険料や重量税、印紙代が含まれます。
この法定費用預り金は現金のみの支払となり、車検を受ける前に支払う必要がある為、前もって用意するようにしましょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »