車検が切れた車に乗った場合の注意点

多くの方は自家用車を所有しており、日常生活で頻繁に車を使用する事も多いと思います。
車を維持する際には税金などの維持費が掛かるのに加え、定期的に車検に出さなければいけないのは承知の事だと思います。
車検が切れた車に乗っていて警察に見つかった場合は知らなかったでは済まされないのです注意が必要です。
では、車検切れの車に乗るとどのような罰則が与えられるのでしょうか。
もちろん車検を通さないと道路運送車両法違反となり、免許停止という厳しい処分になってしまいます。
その他にも、無車検運行の場合には6カ月以下の懲役又は30万円以下の罰金や違反点数6点の減点など他の罰則が付くケースもあります。
通常車検切れの場合には自賠責保険も切れている事が多いため、このような状態で乗車すると無保険運行となり、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金や違反点数6点の減点も付随する事もあるのです。
よって、車検切れと無保険運行が合わさる事で80万円以下の罰金と違反点数12点、90日間の免停処分に科せられるのです。
もしも、車検切れの状態で人身事故を起こした場合には、任意保険も使用する事が出来ない為、被害者に対し障害の場合は120万円、死亡した場合は3000万円、後遺症を与えた場合は4000万円もの罰金が科せられるのです。
もちろん車検は費用が掛かりますが、ルールを守らずに乗車して問題を起こした方が高く付きますし、事故を起こした場合には重い罰則がある為、ルールを守って乗車するようにしましょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »