知っておきたい車検に掛かる費用

昔から車を所有する方は多く、1つの家庭に2~3台所有する世帯も多くなってきているのが現状です。
しかし、車には税金や保険費用などの他に車検にも費用が掛かるのです。
もしも車検切れの車に乗り続け警察に見つかった場合は罰則を受ける事もあります。もちろん車検は所有している重量によって異なり、一口に車検と言っても項目が別れている為、各項目ごとに費用が掛かるのです。
では車検に必要な費用や項目とはどのような仕組みになっているのでしょうか。
先ず車検費用の目安ですが、500kg~1000kg未満の乗用車の場合は50000円前後であり、1000kg~1500kg未満であれば60000円前後が目安になります。
又、2000kg以上の大型車になると70000円~100000円前後になる事もある為、決して安い金額ではありません。
更に、重量だけではなく経過年数や自賠責保険の有効の有無によっても金額が異なってくるが為、前述した費用では済まない場合もあるのです。
しかし、最近では国土省が定めている減税対象車などに乗車している方は通常の車に比べて、車検費用が安くなる場合もあります。
車検に掛かる費用の内訳は重量によって定められる自動車重量税や車検期間の強制保険である自賠責保険料、運輸支局で検査を受ける際の費用である検査手数料などがあり、場合によっては点検料や整備料などが掛かる事もあります。
以上のように車検と言っても車の種類や重量、年数によって金額が様々で点検や整備に掛かる費用も人によって異なるのです。

関連する記事